2017年12月9日土曜日

ひだんれん主催 「いのち・暮らし・人権を考えるシンポジウム」


原発震災から7年が経とうとしています。

原発事故後の放射線被曝を軽視した帰還政策の中では、避難者も、福島に生きる人も、同じように著しい人権侵害を受けています。
私たちは何ら分断されるものではなく、同じ被害者です。
私たち被害者は、どのようにして奪われた人権を取り戻したらよいのでしょうか。
このシンポジウムを通じて、共に考え、共にこの状況を変えていきましょう。



●来年121日(日)

●会場:市民交流プラザ 大会議室(郡山駅前ビッグアイ7階)

●基調講演

「原発震災と奪われた人権・行政の責任と役割」

 公益財団法人 地方自治総合研究所主任研究員 

 今井 照さん

●シンポジスト

特定非営利活動法人 311甲状腺がん子ども基金代表理事 

崎山 比早子さん

大阪電気通信大学工学部人間科学研究センター教授 

中里見 博さん

 いわきの初期被曝を追及するママの会代表 

千葉 由美さん

●タイムスケジュール

13:30 開会あいさつ

13:3514:20 基調講演(45分)

14:2015:20 シンポジストからの発言(3人×20分)

15:2015:30 休憩

15:3016:30 基調講演者とシンポジスト間のディスカッション(60分)

16:3016:50 ひだんれんの紹介、閉会あいさつ

●連絡先:Tel 080-2805-9004 /メール hidanren@gmail.com
 
いのち・暮らし・人権を考えるシンポジウムのチラシはこちら