投稿

11月, 2019の投稿を表示しています

福島県議会選挙立候補者への公開アンケート まとめ

イメージ
福島県議会選挙立候補者への公開アンケートについて、まとめました。 公開アンケート回答一覧 最終版 ■アンケートの目的 ① 福島県の避難者政策について、国家公務員宿舎の自主避難世帯への2倍家賃請求や、9月県議会で5世帯に対し家賃と退去を求めて提訴の議決をしたことについての考えを問う。 ② 国の放射能汚染水処理、汚染土壌の再使用と、小児甲状腺がんの評価部会所見の妥当性について問う。 ・方法  往復はがき はい いいえの二択方式 ・期間  10月23日送付  10月30日締め切り ・回答率 75人中43人 57% *水害に遭った候補者、支援対応に当たる候補者もいた中での実施となった。 ■党派ごと回答数 表資料①を参照    アンケート回答 資料①        ■回答について * はいor いいえの二択にもかかわらず「どちらでもない」の三択にして答えた候補者が多い。 質問1:福島県の避難者政策  「福島県が区域外避難者の住宅支援を打ち切り、家賃2倍の損害金請求や提訴を決め、来年3月には 帰還困難区域の住宅提供も終了することに避難者から不安の声も聞かれますが、これらが適切な判断であると思いますか?」 ➀ 県の避難者政策や2倍家賃請求、避難世帯の提訴について「適切な判断」と支持する意見がゼロであり、最大会派の自民党の候補者が「どちらともいえない」と答えていることは注目に値するが、提訴議案に賛成した事実とのズレをどう考えるか。 自民党の候補者が「関係自治体と連携し、避難者の生活再建につながるような取り組みを進めることが重要」とほぼ全員が書き写しているということは、自民党県連の意向でもあるのか。 特に企画環境委員長の鈴木智候補は、「丁寧な対応を引き続き行政に求めたい」と行政への要望も書き添えている。こちらが本音だとすれば、県当局の避難者に対する強硬姿勢を変えさせる余地があるのではないか。 ➁ 国民民主で「致し方ない」「やむを得ない」と消極的ながら是認しているのは、企画環境委員の鳥居作弥、渡辺優生の両候補。委員会の審議の場にいて提訴に賛成したことを自覚した回答だが、当選回数の多い中堅現職からの回答が全くなかったのは、責任回避とも受け取れる。高野光二候補「いつまでも避難者であってはいけない

福島県議会議員選挙候補者に対する公開アンケートを実施しました。

第 19 回福島県議会議員選挙は、 10 月 31 日告示、 11 月 10 日投開票です。 定数定数 58 人に対して 75 人が立候補しました。 ひだんれんでは、立候補者のみなさまに往復はがきでアンケートを送付いたしました。 台風 19 号水害の対応と、選挙準備でご多忙な中にも関わらず、お答えいただきました候補者の皆様に、厚く御礼申し上げます。 未回答の候補者の皆様は、どうぞ回答をお送りいただきますようお願いいたします。 選挙の参考としていただくために、読者の皆さまにアンケート結果をお送りいたします。 今後回答が届きましたら、順次、ホームページ、 facebook で公表いたします。 ・・・・・ アンケート内容は以下のとおりです。 <アンケートはがきの質問項目> 質問 1 ) 福島県が区域外避難者の住宅支援を打ち切り 家賃2倍の損害金請求や提訴を決め、 来年3月末には帰還困難区域の住宅提供も終了する ことに避難者から不安の声も聞かれますが、これらが適切な判断であると思いますか? 質問 2 ) ALPS 処理汚染水について、 希釈して海洋放 出するという方法が妥当であると思いますか? 質問 3 ) 除染土を農地のかさ上げや道路の埋め立て材 として再使用することは妥当だと思いますか? 質問 4 ) 県民健康調査検討委員会の甲状腺評価部会が、「甲状腺がんと放射線被ばくの間の関連は認め られない」とした所見について、妥当であると思いますか? ■アンケートはがきは< コチラ > < コチラ > ■アンケート回答一覧は< コチラ >