投稿

4月, 2020の投稿を表示しています

福島第一原発事故によるタンク貯蔵汚染水の処分に関する一連の動き

イメージ
ひだんれんも団体賛同した「福島第一原発事故によるタンク貯蔵汚染水の陸上保管を求める共同声明」発表に至るまでの経緯を報告します。(呼びかけ団体「これ以上海を汚すな市民会議」) 2013 年 12 月 経済産業省は資源エネルギー庁に汚染水処理対策委員会「トリチウム水タスクフォース」を設置。 2016 年 6 月 「希釈後海洋放出」が最も短期間・低コストで処分できるとの処分方法報告書を公表。 2016 年 11 月 「多核種除去設備等処理水の取扱いに関する小委員会」を設置し、「風評被害などの社会的な観点」「被ばく評価に基づく影響」などの観点から協議。 2018 年 8 月 小委員会は「説明・公聴会」を、富岡町、郡山市、東京都で開催。漁業者、市民など 44 人中 42 人が海洋放出に反対し、陸上保管を提言。タンク内に多量の多核種が残留していること、陸上保管案は当初から除外されていたことが判明。 <多核種設備等処理水に関する説明・公聴会> 2018 年 9 月 福島県議会にひだんれんとして国への意見書提出の請願が可決。 自民党の賛成も得るため「更なる風評被害につながらないよう、慎重な対応を求める」と妥協的なものとなった。 < 意見書提出に関する請願書 > 2020 年 2 月 小委員会事務局「海洋放出の方がより確実に実施できる」とする報告書を提出。 <多核種除去設備等処理水の取扱いに関する小委員会の報告書> 2020 年 3 月 安倍首相は「処分方法をできる限り速やかに決定したい」と、今夏ごろまでの処分方針決定の可能性を示唆した。 2020 年 4 月 6 日 <第一回 多核種除去設備等処理水の取扱いに係る関係者の御意見を伺う場> コロナ禍での開催に反対が多い中、経産省は福島県内関係団体、自治体首長に福島市のホテル会議室での意見聴取会を強行。コロナ感染を理由に一般傍聴者を排除しながら、経産省、環境省、復興庁の副大臣と経産省職員は来福した形でテレビ会議方式で開催する。市民有志が強行反対のスタンディングを行う。 発言者: 福島県