2016年3月25日金曜日

3・2ひだんれん緊急要請に対して、政府側各省庁の回答が届きました。


政府各省庁の回答は、納得のいくものではありません。
ひだんれんはこれからも、国や福島県の原発事故被害者の切り捨てを許さず、被害者の権利を守るための活動を続けます。


緊急要請書はこちらをクリック

内閣府の回答はこちらをクリック

経産省の回答はこちらをクリック

復興庁の回答はこちらをクリック





福島県内19自治体でALPS処理汚染水の海洋放出に反対する意見書を可決

東京電力福島第一原発で増え続けるALPS(多核種除去設備等)処理水の処分に関して、福島県内の各自治体から海洋放出に反対する国への意見書が続々可決されました。 汚染水の環境への放出は、原発事故で大きな打撃を受けた福島県の第一次産業のへの影響が大きく、特に漁業への打撃は大...