2015年9月24日木曜日

9・23 「さようなら原発・さようなら戦争全国集会」でスピーチ

9・23「さようなら原発・さようなら戦争 全国集会」で共同代表の武藤類子がスピーチしました。

<スピーチの一部抜粋>
でも、私たちは自分を無力だと思わなくていいのです。
「9条守れ」「戦争いやだ」のプラカードを手に、雨の中も国会の前に立ち尽くす何万という人々がいました。
年齢や立場、党派をも超えて共に闘う人々がいました。
原発事故の被害者たちは共に手を繋ぐことを約束しました。
全国散り散りになった避難者も、繋がっていこうと動き出しました。
刑事責任を問わない検察庁の代わりに、市民による検察審査会は、刑事裁判への扉を開きました。
それは、長い間コツコツと、平和と原発反対を訴え続けて来た人々から繋がっています。
全文を読む